衣類・靴・バッグのトータルメンテナンス Re-kyowa

トップ > 共和のクリーニング

共和のクリーニング


共和のクリーニングを動画でご紹介いたします。

共和の「クリーニング」に対するこだわりをご紹介させていただきます。

共和のクリーニングは、「価値ある上質な品質」をお客様にご提供できるよう、お預かりしたお洋服の素材や、汚れ具合など、それぞれの状態に最も適していると思われる「洗い方」をするよう、常に心がけています。
また、仕上げ工程においては、スタンダードのクリーニングコースでも立体型の成型仕上げ機などを使用して、お洋服のシルエットを大切に、一点一点手を掛けて、仕上げをしています。

ところで今更ながら「ドライクリーニング」ってどんなクリーニングかご存じですか?

「ドライクリーニング」とは、水洗いができない素材のものを安全に洗うために開発されたもので、水の代わりに、「ドライクリーニング用の溶剤」を使用します。最も一般的なものとしては、石油系溶剤によるものです。

「ドライクリーニング」のメリットといたしましては、生地への負担が少ないことや、要するに「油で洗う」わけですから、「空気中の排気ガス」や「皮脂汚れ」などの「油汚れ」に対して、優れた洗浄力を発揮します。

しかしその半面、デメリットといたしましては、汗をはじめとする「水溶性の汚れ」を除去することが、あまり得意ではございません。
コップに水と油を入れると、分離してしまうように、「水溶性の汚れ」を石油系溶剤で、洗浄しても、なかなか衣類から「水溶性の汚れ」を溶かしだすことが出来ません。

このようなことから、「ドライクリーニング」をすることで、「水溶性の汚れ」がクリーニングをしたあとに、白く浮き出てきたりすることがございますが、ご安心ください。
共和では、もしそのようなものが、洗い残ってしまった場合でも、「洗い直し」や、簡易的な「シミ抜き」で、カバーしています。

ところで、一口にドライクリーニングといっても、「洗い方」や「使用している溶剤」、「乾燥方法」など、クリーニング屋さんによって、その方法はさまざまでございます。

共和では、ドライクリーニングの優れた特性を最大限に生かした洗浄を心がけています。
衿汚れや、袖口の汚れ等は、通常のクリーニングのなかで、出来る限り対応しています。また、毛玉取りなども、サービスの範囲内でできる限り行っています。

そして
毎年春先には、ドライクリーニング品、全品にサービスで「花粉ガード加工」を施しています。
お洋服に花粉が付きにくくするものですので、花粉の飛ぶ嫌な次期には、是非とも共和のクリーニングをご利用下さいませ。

次に「ドライクリーニング」のデメリット部分をカバーする、最も効果的な「クリーニング方法」をご紹介させていただきます。

もうすっかりご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが、やはり油で取れないとなると、水を使う、「ウェットクリーニング」ということになります。

ただ、「ウェットクリーニング」という方法は、技術的にはとても難しく、「豊富な経験」と「知識」を必要といたします。
共和の「ウェットクリーニング」は、長年培ってきた「技術と経験」によって、洗濯標示からは、水洗いが出来ないとされるウール製品は勿論のこと、「シルク素材」や「レーヨン素材」、また「ブランド品」に至まで、ほとんどのものに対応していますので、是非一度、「水洗い」の「爽快な心地よさ」を体感してみてください。

ところで、皆さん「ウェットクリーニング」を今はやりの「汗ぬきクリーニング」のことだと思ってはいらっしゃいませんか・・・

近年、クリーニング業界にすっかり定着しつつある「汗ぬきクリーニング」
実は、「汗ぬきクリーニング」のほとんどは、「ドライクリーニング」なんですよ。

現在「汗ぬきクリーニング」の方法の主流となっているものは、「ドライクリーニング溶剤」に「加工剤」を入れて、品物をソフトに仕上げているだけのものが、ほとんどのようです。

共和でも実際に「汗ぬきクリーニング」用に開発された、いくつもの加工剤を、使用して独自に「洗浄試験」を実施して参りましたが、やはりそのどれもが、「水溶性の汚れ」はあまり落とすことができませんでした。

「加工剤」に含まれた「シリコン剤」等によって、品物がソフトに仕上がることですっきりしたような感覚は得られますが、やはり実態は「ドライクリーニング」ですから、水を使う「ウェットクリーニング」のようには行かないのが現実でございます。

共和の「ウェットクリーニング」は、100%水洗いしていますので、汗は勿論のこと、「水溶性の汚れ」もしっかり落とすことができます。

「ドライクリーニング」や、「汗ぬき加工系のクリーニング」とは、全く違う「仕上がり感」が得られますから、是非一度お試しください。

また、「ウェットクリーニング」を、定期的にしていただくことで、素材の劣化や、変色などを未然に防ぎ、大切なお洋服の寿命を延ばすことにもつながりますので、本当にお勧めですよ。

「洗い」にこだわる共和は、ただクリーニングするだけではなく、汚れを落とすことに、とってもこだわってクリーニングしています。

ワイシャツの洗浄においても、定期的に、様々な洗剤を用いた洗浄試験を行い、常に最も「汚れ落とし」に優れた効果を発揮すると思われる上質な洗剤を選定しています。
また、ご家庭でのお洗濯との一番の違いといたしましては、温水を使用していることや、仕上げに、抗菌剤入りの糊付け加工を施し、雑菌の繁殖も防いでいます。
2014年夏からは、抗菌、消臭に加えて、国家資格、臭気判定士監修の「防臭加工」も無料で施しています。ワイシャツに加工された特許製法の「グラフトポリマー」が、カラダから発せられるニオイを中和して無臭化します。お肌にやさしい天然植物由来配合なので安心です。
汗をはじめとした体臭や、20代、30代からの「皮脂臭」、40代からの「加齢臭」、「二日酔い臭」など、気になるカラダの臭いを約95%低減します。
また、濡れた状態でプレスすることによって、糊がしっかりと定着し、生地にハリと艶を出すことが出来ます。
ご家庭でのお洗濯では、中々味わえない汚れ落ちと「パリッと感」を、是非ともご体感下さい。

衿汚れや、袖口の汚れ、コートの裾汚れなどは、通常のクリーニングをしただけでは、取り除けないことが、多々ございます。

共和のクリーニングでは、そういった汚れに関しましても、スタンダードのクリーニング料金の範囲内で出来る限り手をかけさせていただいております。

そして、そういった着用中に蓄積された汚れとは、全く違うものが、いわゆる「シミ」というものです。
カレーなどの食べこぼしをはじめ、インクや口紅、ワインやしょうゆ、ペンキやマニキュア、血液に泥汚れ、バッグの色移りや、家庭洗濯での色移りなど、シミ抜き依頼のご相談は、実に様々です。

ほとんどの「シミ」は、通常のクリーニングをしただけでは取れないものばかりです。
「シミ抜き」は、特殊技術を必要とするとても難しいもので、例えば同じシミでも、付いた素材によっては、取れなかったり、また、あまりやりすぎると生地を痛めてしまったりと、長年の「経験と知識」が、問われるところです。

共和は、創業当初から引き継がれた「シミ抜き」技術を、今尚進化させ続けて、お客様のご期待に副えるよう、日々、研究と努力を欠かしません。
もし、他店で断られてしまったようなものでも、是非一度お気軽にご相談下さい。

弊社のホームページでも、シミ抜き事例をいくつかご紹介させてもらっていますから、是非一度覗いて見てくださいね。

共和は、お洋服のクリーニングは、勿論、「靴やバッグのクリーニングや修理」においても、自社工房にて、お客様のご要望にお応えしています。
バッグは本来洗うことを前提には作られていないものがほとんどです。

共和は、長年培った技術と経験で、独自の洗浄方法を開発し、ほとんどの製品に対応しています。
そして、靴のクリーニングと同じように、バッグのクリーニングにおいても、革の色修正は、欠かすことが出来ません。
しかし、バッグの色補正には、非常に高い技術力が必要となってきます。

共和では、極力バッグの風合いを壊さないような染色をするよう、常に心掛けています。
また、状態によっては、バッグのお色を全く違うものに染め変えてしまうサービスも承っています。

近年、靴やバッグのクリーニングも、かなり認知度が上がって参りましたが、各社それぞれに、まだまだ発展途上のサービスです。
共和の「クリーニング技術」や「染色技術」は、日々、進化し続けていますから、他店で断られてしまったようなものでも、あきらめずに是非一度ご相談下さい。

バッグの修理においても、実に様々なご相談を頂いておりますが、できる限り最善を尽くすように努力しています。
バッグの修理に関しましては、実際に職人が構造等を見させていただいてからの、お見積りとなりますので、予めご了承ください。

お洋服のお直しにおいては、元、某有名百貨店のオーダーメード・サロン出身者をはじめ、お直しのプロが、お客様のご要望にお応えいたします。